熱中症予防にこまめな水分補給!!ウォーターサーバーを導入する企業が増加!!

真夏になると気温がグングンと上昇し、室外だけでなく、室内にいる人でも熱中症になる人が増加しています。

・屋外でスポーツ
・作業をする人
・屋内で過ごす人
・工場内作業

など熱中症になる場所は様々です。

自分で夏には強いと思っている人でも、エアコンをかけないで我慢していると熱中症になる確率はグンと上がります。

熱中症を予防するには喉が渇く前に口の中を水分で潤す、水分を補給することが重要となります。

ここ数年で夏になると暑熱対策として、ウォーターサーバーを導入する企業が増加しています。

法人契約向けのプランのを導入するメーカーも増え、費用面で契約しやすくなってきています。
 
工場や倉庫業などは、真夏になると屋内でも40度を超える職場も少なくありません。こうした劣悪な環境で働く方にとって猛暑は深刻な問題です。

熱中症にならないように休憩回数を増やすなどの対策が必要となってきますが、それだけでは十分とは言えません。
 
熱中症を事前に予防するためには

・適度な休憩
・こまめな水分
・塩分の補給

が欠かせません。

こうした中、企業では喉が渇いたらいつでも水分補給ができるように、現場にウォーターサーバーを配置し熱中症対策を進める企業が増加しています。

目次

なぜ熱中症予防にウォーターサーバーが人気?

natsubate_necchusyou_yobou

熱中症の予防として、粉末のスポーツドリンクを水道水で溶かして作業者の方へ水分補給を促したり、塩分補給ができる塩飴やタブレットなどを配布してる工場が多くあります。
 
夏の暑い期間は

・約2ヶ月~3ヶ月続きます

この期間を毎日、粉末のスポーツドリンクを作ったり、毎日ペットボトル飲料などを配布するのは手間と経費が大きくかかるため導入に踏み切れない企業もあります。

こうした背景から比較的安い料金で手間が掛らないウォーターサーバーは企業にとって最良の熱中症対策になっているのです。
 
ウォーターサーバーなら工場でも現場に設置しておけば、いつでも構内作業の方が必要な時に必要な分だけ水を飲むことができます。

水分補給がいつでもできて管理者側も手間が必要がないのでとても便利です。

ウォーターサーバーを工場内の各ポイントに配置することで熱中症を予防として大活躍します。夏の必須アイテムとも言えます。

企業(工場)に適したウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーはいろいろなデザインやボトルの種類があります。

一般家庭で人気があるウォーターサーバーと、企業で人気があるウォーターサーバーには違いがあります。

ゴミを出したくない企業

ゴミを出したくない企業に向いているウォーターサーバーのボトルの種類は、再利用されるリターナブルボトルが向いています。

回収されて再利用されるガロンボトルは、全くゴミを出さないので企業では人気があります。また保管も丈夫なボトルなので、少々乱暴に取り扱っても問題がありません。

水ボトルの配達も宅急便ではなく、フランチャイズ店などの契約店舗などが、自社便でボトルの配達から回収までを行うので、広い工場などでは指定した各場所(部所)へ台車に載せて工場内まで運んでくれる店舗もあり便利です。

ゴミを気にしない企業

ゴミを出しても問題のない企業や、工場規模の小さい中小企業では、宅配便で運んでくれる使い捨て容器のウォーターサーバーでもいいかもしれません。

自社の経費と環境に合ったメーカーを選ぶといいですね。

企業に人気があるウォーターサーバーは
  • ゴミが出ない
  • 工場内の指定した場所へ運んでくれる
  • サーバーはシンプルなデザイン
  • 水の価格が安い

工場内では、一般家庭用に開発されたおしゃれなサーバーは必要なく、ホワイトを基調としたシンプルなモデルが人気があります。

また水の種類では比較的安いRO水に人気があります。
 
管理職の方は、従業員の安全を最優先に対策を取る義務があります。

猛暑が続く夏は、従業員の方が熱中症にかからないための教育と予防対策が必要です。ぜひウォーターサーバーの水と塩熱サプリで熱中症予防をしましょう。

企業におすすめのウォーターサーバー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる