ウォーターサーバーの比較!口コミ・評判2017 > ウォーターサーバー役立情報 > ウォーターサーバーの選び方|6つのポイントで決まる

ウォーターサーバーの選び方|6つのポイントで決まる

water-nayamuウォーターサーバーの選び方は6つの項目に絞って選ぶのがポイントです。

ウォーターサーバーってどこのメーカーを選べばいいの?水の種類は何がいいの?初めてウォーターサーバーを選ぶ時に必ず迷いに迷って結局どこのメーカーがいいのか分からず、いざ契約してみたら思っていたのと違った、そんな失敗も実際あるのがこの業界です。

ウォーターサーバーを取り扱うメーカーは現在100社以上あると言われています。そんな中から何を基準に選べばいいのか、全く分かりません。ここではウォーターサーバーを知り尽くした、ウォーターサーバー博士がご自身に合った6つのポイントで分かりやすくサポートします。

ウォーターサーバーを知る

そもそもウォーターサーバーって何?最近ではテレビコマーシャルや雑誌や新聞でもよく紹介されるようになってきました。有名なアニメキャラクターや芸能人がイメージキャラクターになって宣伝しているのをよく目にしますね。

それだけウォーターサーバーの需要が高まってきており、シェアが拡大している証拠でもあります。一昔前までは病院、歯医者、美容院などで設置されているのが主でしたが、現在では一般家庭で広く利用されるようになってきました。ウォーターサーバーが一般のご家庭で利用されるようになってきた背景には「水の安全性」が挙げられます。その次に利便性です。

家族や自分の健康=水の安全性はとても重要です。水で一番心配されるのが放射性物質やトリハロメタンなどの汚染水、また過剰に塩素を使った消毒水なども挙げられます。このように「水」も安全=購入する時代になってきたということです。
ウォーターサーバー各社では定期的に放射性物質の検査を行ってより安全性の高い水を提供するため、厳しい品質管理の下で製造されています。この安全性の高い水を各家庭に配達してくれるサービスがウォーターサーバーです。そのウォーターサーバー本体はレンタルで貸出、冷たい水、熱いお湯がいつでも使える利便性は一度使うと手放せないほど、便利で助かるアイテムです。

しかしそんな利便性の高いウォーターサーバーも、どこでも同じだからどこのメーカーでもいい!!そんな適当な選び方をすると後悔することになりかねません。ぜひ失敗しないウォーターサーバー選びのために6つのポイントをよく確認して、あなたのご家庭に必要なものはどれかを知り、よりよい宅配水を選んで下さい。

これだけは知っておこうウォーターサーバー6つのポイント

ウォーターサーバーのことならお任せ、宅配水博士が厳選した安心有名メーカーをそれぞれ比較しています。どこも安心のメーカーですが、水の種類が違ったり、水に含まれる成分も採水地によって違います。また容器や内容量が違う点、電気代、デザインなど比較する点があります。家族構成の違いでもおすすめポイントは異なってきますので、しっかりと契約内容等も比較して検討していきましょう。

ウォーターサーバー水の価格で比較

まず一番気になるのが水の価格ではないでしょうか。ウォーターサーバー本体はほとんどもメーカーが「無料」で貸し出してくれます。毎月の費用の大半は、メインの商品である「水」の価格です。水の価格は毎月の負担にも大きな差がでますので、納得した水も銘柄、水の価格で選ぶのが重要です。

ウォーターサーバーの水はサーバー本体の貸し出しや配達してもらえるから高いイメージを持っている方も多いと思いますが実際は500ml換算で56円~81円程度とスーパーやコンビニで販売されているPET飲料と大差ありません。水の価格はこちらの
水の価格で比較で比較、検討しましょう。

ウォーターサーバー水の種類で比較

ウォーターサーバーの水には大きく分けると2種あります。一般的によく目にする「天然水」とあまり聞きなれない「RO水」があります。とにかく自然の美味しい水が飲みたい、自然のミネラル成分を摂取したい、そんなあなたには「天然水」が向いているでしょう。

「水」の安全を最優先に考える方、赤ちゃんのミルクに使う安全な水が欲しい、維持費を安く抑えたいそんなあなたには「RO水」が向いていると言えます。天然水とRO水の内容を理解して比較してみましょう。
ウォーターサーバー水の種類で比較

ウォーターサーバーボトルの種類で比較

ウォーターサーバーの選び方の中であまり気にされないケースがよくある、水の容器(ボトル)ですが実は、これも重要な選択要素の一つです。ウォーターサーバーが一般家庭に普及する前は「ガロンボトル」よ呼ばれる硬質のボトルが主流でした。しかしここ近年はお客様の声を元に各メーカーが一般家庭向けに使いやすい容器の開発をすすめ、現在では「ガロンボトル」に加え、「ペット樹脂」でできた軟質の容器が登場しました。

この両者の違いは「リターナブル方式」と「ワンウェイ方式」に分類されます。硬質で丈夫なガロンボトル(リターナブル方式)は業者が回収し、洗浄・消毒をして再利用されます。また軟質のPET樹脂容器(ワンウエイ方式)は利用後の容器は小さく折りたたんで一般家庭のゴミとして処理できます。
さらに最近ではもっとゴミを少なくしょうと改良された、水パック容器も各社から販売されるようになってきました。この容器はビニール袋のような材質でできているので利用後のゴミは僅かしかでません。

ボトルには内容量も12ℓが主流でしたが現在では、女性や高齢者の方でも簡単に水交換ができるように、6~7ℓ容器も用意されています。選ぶ際にとても重要となる容器についてもよく比較検討していきましょう。
ウォーターサーバーのボトルの種類で比較 どんな種類があるの?

ウォーターサーバーのデザイン・機能で比較 最新のレンタルサーバー

ウォーターサーバーを選ぶ時にデザイン(外観)は気になる所ですね。各メーカーいろいろな形やデザインのウォーターサーバー本体を用意しています。「グッドデザインを受賞」したフレシャスの主力商品である「デュオ」やアニメとコラボしたもの、カラフルなものなど見ているだけで楽しくなるウォーターサーバー本体があります。

また今、大人気のウォーターサーバーのお掃除ロボットを合体させたコスモウォーターお掃除ロボット一体型がラインナップされています。対象のウォーターサーバーを契約するともれなく、お掃除ロボットが無料でもらえる(返却不要)ということで当サイトでも一番人気となっています。
このように各社ともウォーターサーバーのデザインや使い勝手に力を入れています。ご家庭のお部屋に合ったものを選択しましょう。
ウォーターサーバーのデザイン・機能で比較 最新のレンタルサーバー

ウォーターサーバー1ヵ月の電気代を比較

毎日24時間365日使うものだから、電気料金は気になりますよね。「熱いお湯」・「冷たい水」が利用できるウォーターサーバーは電気代が高いイメージがありますが、実際はどうでしょう?各メーカー省エネを意識した機種をラインナップしています。省エネモード(エコモード)を搭載した機種など、電気料金が340円/月しかかからない機種もありますので、こちらもよく比較検討してみましょう。おすすめは最新のウォーターサーバー本体です。
ウォーターサーバー1ヵ月の電気代を比較

ウォーターサーバーの契約期間 水の休止手数料・解約時の違約金比較

ウォーターサーバーを選ぶ時に意外と気にされないのが「契約内容」です。基本的にはどのメーカーも同じような契約内容になっていますが、ノルマがあるメーカー、ないメーカーがあり、また期間に違いがあったりします。最低契約期間も違約金に関連しますので重要となります。ご自身の計画に合ったメーカーとの契約をしましょう。特に短期で契約をお考えの方や、長期不在時(1ヶ月以上)になりがちなご家庭も注意が必要です。

ウォーターサーバーの契約期間 水の休止手数料・解約時の違約金比較

ウォーターサーバー優良・安心メーカー

ウォーターサーバーを取り扱うメーカーはとても多いです。このサイトではウォーターサーバーを知り尽くした博士がおすすめする、優良9社をご紹介します。企業の規模、工場での品質管理、水の検査などしっかりと管理され、最新のウォーターサーバーやこだわりの水を用意しているメーカーを中心に集めています。

また利用者の方のウォーターサーバー口コミも参考になります。当サイトのウォーターサーバー博士も実際にウォーターサーバーを利用しています。利用レビューはこちらの⇒ウォーターサーバー注文&設置レビューで詳細が確認できます。

年々利用者の方の声をもとに進化しているウォーターサーバー業界。私のおすすめはやはり、どのメーカーも最新タイプです。あなたにピッタリの1台が見つかりますように。



キーワード