料理が美味しくなるウォーターサーバーの天然水

安全で美味しいウォーターサーバーの水は料理にも最適です。特に天然のミネラルを豊富に含んだ天然水は料理をおいしくしてくれると大好評。今、健康維持に気を使われるご家庭で飲料だけでなく、料理全般にウォーターサーバーを使われているご家庭が増えています。

料理に最適な水の選び方

a-tennenウォーターサーバーは飲料水やコーヒーや紅茶を作る時のお湯として利用される方が多いのですが、使っているうちに美味しい水を料理にも使う方がとても多いのです。これは美味しい水で作ったコーヒーや紅茶が美味しいから、料理にも使いたいという気持ちから利用されます。

水は飲料水だけでなく料理にも多く使います。家族の健康を考えるご家庭では安全で美味しい水を使うことで、料理が美味しくなる+家族の健康維持に欠かせないものとなっています。

各社が取り扱うウォーターサーバーの水には大きく分類すると2種の水があります。
ウォーターサーバー水の種類で比較

また水に含まれるミネラルの含有量によって硬水・軟水があります。
ミネラルウォーターの種類と特徴!!硬度で違う水の基準とは
日本の水はほとんどが軟水で、硬水のようにミネラル成分を多く含んだ水は赤ちゃんなどの乳幼児には不向きです。当サイトで掲載しているウォーターサーバーは全て軟水で赤ちゃんから大人まで安心して利用できます。試しに軟水と硬水を飲み比べるとその違いは歴然です。

料理に使う水もこの性質で大きく左右され料理の味にも違いが出るでしょう。料理に使う水についてこの違いを知っておくことで、どの種の水がどのような料理に向いているかお分かり頂けると思います。

日本が育てた軟水は日本料理に最適

a-washiyokuウォーターサーバー各社が取り扱う水は「軟水」と先にご紹介しましたが、これは日本のほとんどの地域の水が〝軟水〟であることが理由です。私達、日本人は軟水で育ってきたといっても過言ではありません。

日本が誇る和食、もちろん和食には軟水が適しています。日本の文化とも言えるお味噌汁、日本人の主食であるを炊く水も軟水が適しています。日本の風土が育てた軟水は、日本料理にも軟水が合うのは当然のことかも知れませんね。

軟水には水分の浸透がよいメリットがあり、料理の風味を最大限に引き出してくれます。また風味や香りといった日本食には欠かすことのできない要素を引き出してくれます。お米はふっくら、野菜は柔らかく、料理の素材の風味を壊すことなく仕上がるのが特徴です。また軟水は老若男女問わず誰もが飲みやすい水として、私たちの生活に欠かせないものであるのは間違いありません。

硬水に合う料理ってあるの?

a-niku硬水は欧米諸国に多く、ミネラル成分を多量に含んでいるのが特徴です。スーパーなどでも硬水は販売されています。気になる方は一度、違いを知るために軟水と硬水を飲み比べてみるのもいいかも知れませんね。

では硬水に向いた料理とはどのようなものがあるのでしょうか?日本の主食であるお米は軟水で炊くとふっくらとした炊き上がりになりますが、硬水で炊くとどのようになると思われますか。答えはパサパサと言った表現がぴったりと当てはまる触感のお米になってしまします。

硬水が得意とするのはあく取りです。洋風料理でよくあるスープや肉料理・肉煮こみ料理などは肉を柔らかくするとともにアク取りもできるので硬水が向いています。その土地が作り上げた水には、その土地の文化である料理にピッタリです。

その土地の水がのそ地域の食文化を作り上げてきたのかも知れませんね。

料理に合う水のまとめ

日本の風土にある軟水は私達にとてもなじみがあり、そのため飲みやすいと感じるのかもしれません。軟水と硬水をうまく使い分けることでいろいろ料理や飲み物も楽しむこともできるでしょう。

RO水はミネラル成分まで除去してしまうため、RO水にはミネラルを足しているデザインウォーターと呼ばれる水と自然のミネラル成分を含む天然水があります。比較的価格の安くてとても安全性が高いRO水か、健康維持に自然のミネラル成分を含んでいる天然水を選ぶかは利用される方のいスタイルに合わせて選ばれるといいのではないでしょうか。



キーワード